ようこそ

★elaboo™えらぼうと呼んでください。


「汝とは、汝の食べたものそのものである」
これから食べるものがあなたになる>
You are what you ate.

日々の暮らしの食事は「買いもの」から始まります。

Q.似かよった商品が同じ値段だったら、あなたは何を決め手に買いますか? 
Q.似かよった商品の価格に大きな差がある場合、その理由を知りたいと思いませんか?

elaboo™<えらぼうでは、買いものを、購買や消費ではなく考買(≒エシカル・コンサンプション)と呼んでいます。
「食べること」と「買いもの」が、心地良いものになることを願っています。

加工食品は生鮮食品に比べると、見た目だけから鮮度や品質を見分けることは困難です。見分け方のポイントのひとつは、包装容器(パッケージ)の裏側の「食品表示」を確認することです。食品表示法に基づいて記載されています。
生鮮食品では産地がわかるようになっています。加工食品の場合は、原料原産地や製造地、原材料、内容量、消費・賞味期限など、必要な事が記されています。

その生産過程をたどってみた時、価格は高かったけれど、生産者に社会にも、何より私たちの生活が、健やかになるでしょう。

お金を払うというのは、お店や作り手に対する「お礼の気持ち」もあります。
生活スタイルに合わせ、その時の事情にふさわしい買いものができたら、消費者リテラシーを発揮できたわけです。価格品質ともに、「良い買いものができた」と実感できた時、考買力が発揮された時です。

あなたにとって、ふさわしい食べものを買うための「選ぶポイント」について、ご一緒に見直してみませんか?
考買者育成のための学びのプログラムは、買いものをする方ならばどなたでも学んでいただけます。食育消費者教育の研修はもちろんのこと、考買のポイントを身につけておくと、豊かな暮らしの向上に役立ちます。

ご一緒に学んだ参加者の声もご覧ください。関心をお持ちいただけたら幸いです。

中野 陽子

elaboo™のご紹介