elaboo™のご紹介


elaboo™はその名のとおり「選ぼう」です。

「食」と「買いもの」がelaboo™の重要なテーマです。「食品表示」についてワークショップ形式で学んだり、時には持続可能な社会とつながる「エシカル・コンシューマー」について話し合ったりします。また、そのコンセプトを理解し、ファシリテートできる人材育成を行っていきます。

買いものは「より良いものを、より安く」と誰もが考えます。では「良いもの」をどうやって見分けますか? たとえば、加工食品では、小さな枠に書かれた「食品表示」こそが、そのものの本当の姿です。「食品表示」を表示する側の事業者は、アレルギー表示、消費・賞味期限など、万が一間違いがあったら商品回収となるので、細心の注意を払って記載しています。
しかし、消費者にとって「食品表示」への関心度合いはあまり高いとは言えません。その理由は、「原材料表示を見ても、カタカナの食品添加物名は、それがどんな作用があるのか理解できないから」というわけです。では、1500種以上の食品添加物についてどうやって理解できるでしょうか? 相応に学ばないと理解はままなりません。
近年「食のリスクコミュニケーション」という言葉を耳にする機会が増えています。日本では、食品添加物はADI※ に添って安全な量を使用しているので、問題がないと言われています。一方、子育て中の方々にとっては、「できるだけ添加物の少ないものを」と願います。なぜなら、安全だと言われても「食品添加物はない方が良い」と判断するので、安心材料にはなりません。
ところがパッケージに「無添加」と表記してあっても、食品表示欄を確認しないとちょっとミスリードされてしまう可能性もあります。
では、どんな基準で比較して、選んで、良い買いものができるのでしょうか?

市場原理で、私たち消費者が、賢い買いものをする“考買者”になること、つまり「消費者リテラシーの向上」によって「良い社会のめぐり」が起こります。

このような観点を持って組み立てられたワークショップや講座にご関心をお寄せいただき、一度学んでみようかな、とお考えの方、お気軽にどうぞご連絡ください。

※ADI:一日摂取許容量。安全であるとされる影響毒性の1/100に設定されている。

elaboo™の誕生
ゾウが選んだのはりんご